PAGE TOP

足利市の結婚式場ヴィラドゥ

見学予約

0284-70-5700
営業時間/土日 10:30~20:30
平日 11:30~20:30(火曜定休日)

0284-70-5700
営業時間/土日 10:30~20:30
平日 11:30~20:30(火曜定休日)

〒326-0338 栃木県足利市福居町1460

Planner Blog
プランナーブログ

Category :
スタッフからのお知らせ

【ヴィラドゥ】ウェディングケーキの段数には意味があった!?
Date : 2018.08.30

結婚式の定番

 

ウェディングケーキ!!

 

 

実はケーキの段数には素敵な意味が込められているんです!!

まずウェディングケーキが定番になった歴史から!

 

ウェディングケーキを世の中に広めたのは

1857年、ヴィクトリア女王第一王女の結婚式でのこと。

 

新聞で特集された結婚式の記事に、

ウェディングケーキの挿絵が載ったことが始まりだったのだそう。

その際に用意されたケーキが三段であることから

三段のウェディングケーキが主流になっていったと。

 

こんな歴史があったんですね!

では段数の意味についてですが…

1段目は参加したゲストと一緒に食べるケーキ。

二段目は参列できなかった方々に配るケーキ

三段目はご新郎ご新婦様が記念日に食べるケーキ。

こんな意味があったんです!

 

 

日本ではスポンジを生クリームでデコレーションした

「フレッシュケーキ」が主流ですが…

ウェディングケーキが登場した当時は、「シュガーケーキ」が定番だったそうです。

このシュガーケーキは、なんと湿気を防いで保存すれば

100年~半永久的にもつとの事!!

だからこそ、参列できなかった人に配ったり

記念日に食べることができたんですね!

 

今は保存することは出来ませんが…

3段にする代わりにお二人らしいオリジナルのケーキ

にすることも、とても素敵だと思います!

 

 

お二人の似顔絵が入っていたり、

好きなキャラクターでデコレーションしたり…♡

 

ぜひお二人らしいオリジナリティ溢れるケーキを

考えてみてくださいね…♪♪


次の記事: 前の記事: