PAGE TOP

見学予約

ブライダルフェア

足利市の結婚式場ヴィラドゥ

見学予約

0284-70-5700
営業時間/11:30~20:00(月・火曜定休日祝祭日除く)

0284-70-5700
営業時間/ 11:30~20:00(月・火曜
定休日祝祭日除く)

〒326-0338 栃木県足利市福居町1460

Planner Blog
プランナーブログ一覧

いつもヴィラドゥのブログをご覧頂き、ありがとうございます。

 

先日、2月に結婚式を挙げた 新婦さんとお子様に

 

5ヶ月ぶりに お会いしました。

 

結婚式の時は まだ、赤ちゃんだな・・・と思っていたお子様が

 

赤ちゃんを卒業して 子供っぽくなっていることに

 

驚きました。

 

 

こんな小さかったのに 数ヶ月であっという間に 大きくなって

 

子供の成長って すごいですね・・・

 

新婦さんとも 久しぶりにお会い出来て 結婚式の話や

 

お子様の成長話など 色々話ができて

 

楽しい時間となりました。

 

今度 会うときは きっと てくてく 歩いているかもしれませんね・・・

 

また是非 遊びに来て下さい。

 

そらから、幸せのおすそわけで頂いた「フウセン カズラ」

 

こんなに大きくなりました。

 

 

結婚式が終わっても、繋がっている感じがして

 

温かい気持ちになりました。

 

厳かな挙式の後、

 

ヴィラドゥの中心にある広場では

 

フラワーシャワーやブーケトスなどの素敵なセレモニーが行われます。

 

その広場に鳴り響く鐘 「カリヨンベル」 をご紹介します。

 

このベルは多くの国や地域で建物の守り神として大切に扱われてきました。

 

キリスト教でのベルは悪魔や不幸を追い払う意味があるそうです。

 

幸せと平和の象徴として扱われているこの鐘は、

 

紀元前1万年前にインド、中国あたりから誕生し世界に広まったと云われています。

 

お馴染み大晦日の除夜の鐘は「108の煩悩を払う」ため。

 

アフリカなどでは「子宝に恵まれる」ように。

 

それぞれ願いを込めて鐘を鳴らしているんですね!!

 

鐘の音もフラワーシャワーも「これからの人生に不幸が寄り付かない」ように。

 

結婚式のセレモニーひとつひとつに祈りの気持ちが込めているんですね。

 

ヴィラドゥのカリヨンベルは広場の頭上に!!

 

結婚式に出席して何気なく聞いていた鐘の音も、少し違った音色に聞こえていませんか?

いつもヴィラドゥのブログをご覧頂きまして

ありがとうございます

ご存知でしたか?

ヴィラドゥでは

平日は各種団体様のパーティを

承っております

実は本日も混雑しておりますが

ブログ担当はしっかりと

フロント&電話係を担当しております

せっかくですので少しだけ宣伝

今日のコースを簡単に何品かご紹介!

こちらは前菜です↓

続いて魚料理↓

こちらはお肉です↓

美味しそうでしょ!!!

具体的な食材は

お越し頂いてからのお楽しみです

品数はこのようになっております

前菜・スープ・パン・魚料理

口直し・肉料理・お食事・デザート

上記のようにフルコースに

なっております

特に女性のお客様に人気です!

お一人様4,320円〜になります

料金によって前菜・魚・肉などが変わります

(ドリンク代別途)

10名様から150名様まで承っております

どうぞこの機会に一度

ゆっくりと非日常の空間で

ヴィラドゥ自慢のコース料理を

召し上がってみませんか?

いつもヴィラドゥのブログをご覧頂き

ありがとうございます。

 

デザートを担当しております

パティシェの佐藤智子と申します。

パティシェの・・・と言いたい所

ですが

パティシェとは本来男性パティシェ

の事なのです!

女性はパティシエールと言います♪

なので私はパティシエールの佐藤です!

長くなりましたが・・・

夏も本番になって参りましたので

暑い夏を乗り越えられるような

デザートをご提案致します!!

 

皆様が笑顔になれるような

デザートを作って行くので

ヴィラドゥにお越しの際には

是非ご賞味下さいませ♪

 

 

 

 

 

Category :
日記

【ヴィラドゥ】ペンギン達
Date : 2017.07.23

いつもヴィラドゥのブログをご覧頂き

ありがとうございます。

まぁ〜なんとも愛らしい!ペンギン

ウェルカムスペースをペンギンをテーマに。。

レコードを流して、お客様もリラックス。

会話も弾んでました☆ とっても柔らかい音色♫

まるでリゾートに来たような?そんな開放感がありました。

お客様をお迎えしてます。

ペンギン一つでも、色々ありますね〜

いつもヴィラドゥのブログをご覧頂きありがとうございます!

 

夏のお花といえば〜…

 

そう! ”ヒマワリ”

 

こちらはヒマワリを大胆に使ったメイン装花です♪

 

 

黄色が鮮やか〜!

 

 

淡いブルーやピンクも混ぜて、とっても可愛らしいですね♡

 

 

ゲストの皆様のテーブルにも

ちょこんと可愛いヒマワリ!

 

夏のウェディングにとってもいいですね♪

 

プランナーと一緒に

ステキなテーブル装花を考えましょう♪

いつもヴィラドゥのブログをご覧頂き

ありがとうございます。

当日受付にてご芳名を記入して頂く

芳名帳を手作りされたそうです。

新郎側受付はブルーで!

素敵です

大切にしてるぬいぐるみも、お客様を迎えてくれてます

ウェルカムツリーで、待ち時間も楽しく過ごせます♪

 

Category :
日記

【ヴィラドゥ】衣装合わせ
Date : 2017.07.19

いつもヴィラドゥのブログをご覧頂き、ありがとうございます。

 

結婚式での ドレス どんな感じにするか悩むところですよね・・・

 

ヴィラドゥでは、いきなりドレスを合わせたりはせず、

 

まずは 新婦さんと お話しをさせて頂きます

 

こんな感じに憧れがあるとか、こんな感じが好きとか・・・

 

スタイリストとドレスの写真をみながら

 

好みのドレスの雰囲気の探していきます。

 

なので、どんな些細な事でも 教えて頂くとたすかります。

 

このドレスのここが好き!!とかでも 全然 大丈夫です。

 

 

そして、このドレスが着たい!!と 思うまで 一緒に探して行きましょう。

 

 

結婚式といえば不断と違うお料理は

食べられるのも一つの楽しみですよね!

「結婚式すごく良かったね!

お料理も美味しかったし!」

こんな会話を一度はしたことがあると思います

 

でも数十名単位で出来立てのお料理を

ゲストの皆様にサービスするのは簡単ではない

お皿まで温かい出来立て料理を結婚式で食べた事は

なかなか少ないのではないでしょうか!

足を運んで下さる皆様へ最高のおもてなしをしたいという

お二人の想いをお手伝いをしたい

どうぞ温かいうちにお召し上がり下さい

この一言を添え出来立てのものをお召し上がりいただく

「結婚式すごく良かったね、温かくて美味しかったね」

ゲストがお帰りの際、そんなお言葉を耳にすると

心がほっこりします

ヴィラドゥではお一人ではなく、テーブル内だけでなく

お越し下さる皆様へ出来立ての一皿をお届けします

 

お二人の為に、お二人の大切な皆様の為に

今日も私達は喜びの種をお届けします

 

いつもヴィラドゥのブログをご覧頂きありがとうございます!

7月でこの暑さ!!

8月になったら…と考えるだけで暑くなってしまいますね…

 

披露宴終盤

新婦様から、親御様やご家族へのお手紙のシーン。

 

 

今まで育ててくれてありがとう・・・

これからもずっとよろしくね・・・

 

そんな想いを伝えられる、とっても大切なシーンです。

 

よく新婦様から、

うまく文章にならないんです…

なんて書いたら良いか分からない…

なんだか照れくさいなぁ…

 

そんなお声を頂きます。

 

これまでの日々を振り返っていくと自然と

あんなことがあったなぁ…

と、思い出がよみがえってくるはず…

 

それが、たとえうまく文章になっていなくても

新婦様の想いは、かならず親御様やご家族の皆様に

きっと伝わります。

 

想いのままを、お手紙に♡

 

いつもヴィラドゥのブログをご覧頂き

ありがとうございます。

最も新婦様が心待ちにしてる衣装合わせ!

こんなドレスがいいなぁ?あんなドレスがいいなぁ?

自分に合うかな?など、様々

一生に一度だから。。。

 

先日衣装合わせに来られて、ドレス合わせをしていくうちに。。。

新婦様のお母様が、娘のウェディングドレス姿に

感動し涙されてました。

そして、それを見た新郎様まで貰い泣きを。。

母の喜びを感じた時間でした。

 

子供の頃、晴れた日にはよく外でシャボン玉を作って遊んでいたような気がします。

 

全力で追いかけてみたり…

 

両手で優しく包んでみたり…

 

たくさんのシャボン玉と必死に戦ったりと、楽しい幼少期を過ごしていました。

 

ちょっとだけシャボン玉が誕生した歴史を調べてみました。

 

シャボン玉はポルトガル語の「シャボー」に由来していて、

ずばり!石鹸を意味しているそうです。

 

日本に伝わったのは1543年。

ポルトガル船により輸入され、一般庶民には手の届かない貴重品だったそうです。

 

それから100年以上も後、1672年に長崎の商人がオランダから石鹸を持ち込み、

数年後にはシャボン玉屋さんも登場し、

ワラの芯を使ったシャボン玉遊びが人気だったそうですよ。

 

それが現在は、結婚式の演出でもすごく活躍をしてくれています。

 

 

青空と調和し綺麗に輝くシャボン玉に

 

フラワーシャワーをさらに彩ってもらうのは素敵ですよね♪

1 / 212